柿渋について

そもそも柿渋とは?

柿渋とは昔から聞いたことがありましたが、渋柿か搾ってとれた液です。
実はこの柿渋は、最初に知ったのが、石鹸の用途のことでしたが、もっと幅広く利用されているのです。
例えば染料や塗料として。調べるとこちらのほうが有名なのかなと思います。独特な感じで古くから利用されています。柿渋染めという言葉を聞いたことがある人も少なくないと思います。
その他にもいろいろありますが、あまりにも専門的なことになるとちょっと分からないのでこれくらいにしておきます。
さてその柿渋エキスですが、通販でも買えるようです。そしてそういったのを使い苛性ソーダなどを混ぜながら手作り柿渋石鹸を作ってる方もいます。そういうのって楽しかったりするんですよね。ここでも気になるのがその比率です。それとこれもどうでもいいことかもしれませんが、柿渋の色と実際に売ってる柿渋石鹸では全然色が違いますがどうやってるんでしょうね。それを知ったから何って話しなのですが、ちょっと気になりましたので、また機会があったら調べてみようと思います。なぜなら柿渋は染料に使われるくらいですので、ちゃんと色がついているのです。でも柿渋石鹸は白っぽい色をしてることもありますので。まあ色が濃いと石鹸を使うときに、タオルなんかに色がついたら困りますのでいいのですがね。
ちなみに男のたしなみだと、ちょっと薄い黄色みたいな色ですね。他のもだいたい同じような色をしてるのかと思います。


柿渋とは?関連ページ

柿渋もミョウバンも評判です
汗の臭いや足のニオイが臭くなるのってすごく個人差がありますね
女性にも柿渋石鹸かな
男性だけでなく女性にも柿渋石鹸は人気みたいですね